乳がん術後ケアコラム

ハンドケア方法について

2021.3.3ハンドケア方法について

冬の乾燥する時期は特にハンドクリームが欠かせませんね。
皆さまはどんなハンドクリームを使っていますか?

乳がんの抗がん剤治療の副作用で、皮膚の乾燥・爪の変化が起こる場合があります。
皮膚障害の一般的なケアでは、「保清」、「保湿」、「刺激からの保護」が大切です。

「ハンドケア」として、常備しているハンドクリームを使用されることありますよね。
ハンドクリームで、ケアしたにもかかわらず、手先の傷などが悪化した方いませんか?
ハンドクリームの成分を見ると、ヒアルロン酸・ビタミン・尿素・グリセリン・シアバター・プラセンタエキスなど様々あります。乳がんの抗がん剤治療の副作用時に「尿素」成分が入ったハンドクリームをケアとして使用する場合、注意が必要かもしれません。
尿素は、体の外へ逃げていく水分を肌の中に留まらせ、乾燥を防ぐ保湿の役割があります。また、硬くなった皮膚を柔らかくしてくれるので、角質が硬くなっているところ(踵など)に対して改善が期待できます。ただ、「ひび割れ」や「あかぎれ」した部分など、傷口がある部分に塗ると、しみたり、傷んだりするかもしれません。副作用のハンドケア時は、成分をよく見たり、無香料もしくは自分がリラックスできる香りのものを選んだり、刺激の少ないものを使用することをお勧めします。
そして、ハンドケア後は肌への刺激が少ない天然素材の手袋を装着するのも保湿効果を高める上、手先を保護できるので良いですね!

また、「ハンドケア」と併せて「爪のケア」も必要ですね。
爪を保護するためにマニキュアを使用する方がいらっしゃいますが、通常のものではなく、薬用のマニキュアをお勧めします。併せて、オイルなどで爪を保護し、乾燥を防ぐのもいいですね!また、アクリルネイルやジェルネイルなどの硬化性のものは、爪に負担がかかるので、爪が回復してきてから使用するほうが良いと思います。

皮膚への負担となる、紫外線、ケガ、虫刺され、不潔状態、摩擦、締め付け、喫煙を避けつつ(リンパ浮腫の方も同様ですね!)、ハンドケアを実施し、不安があれば医療従事者に相談すると詳しく教えてくださると思いますので、是非質問してみてください!

この記事を書いた人
宮浦@ピンクリボンアドバイザー

2012年よりアモエナ製品担当。同年より日本乳癌学会学術総会を毎年聴講。また、ピンクリボンアドバイザー制度創設2013年から受験。同年初級、2014年中級、2016年上級を取得(すべて第一期)。

「標準治療」「最先端の治療」ってどういう意味ですか?

2020.12.15「標準治療」「最先端の治療」ってどういう意味ですか?

「標準」と聞いてどんな印象を受けますか?

国語辞典にはこのような記載がありました。

  • 判断のよりどころや行動の目安となるもの。基準。例「標準に合わない」
  • 平均的であること。また、その度合い・数値。並み。例「標準に及ばない」「標準の体重」

イメージ的には「ふつう」という意味が強いと思います。
「標準治療よりも先進医療の方ががんに効果がありそう・・・。」
「標準ではなく、最先端の治療を受けたい!」などと思われている方も少なくないかもしれません。

医療業界では、「標準治療」というと科学的根拠に基づき、効果がある!と認められているものを指し、現在実施できる最良の治療を指します。少なくとも選択肢の第一として検討されるべきであるものと位置付けられています。
一方、推奨される治療という意味ではなく、一般的に広く行われている治療という意味で「標準治療」という言葉が使われることも実際にはあるようです。どちらの意味で使われているかわからない場合はすぐに主治医や看護師さんに聞きましょう。

また、「最先端の治療」と聞くと、どうでしょうか。
「標準治療」より優れている印象を受けますが、医療業界では「最も優れている治療」を指しません。
「最先端の治療」は、開発中の試験的な治療として位置づけられ、治療効果・副作用など「臨床試験」で評価され、現在の「標準治療」より優れていることが証明・推奨されることになれば、その治療が新たな「標準治療」となります。

以上の通り、「言葉」としての意味をそのまま捉えるのではなく、不安に感じたらすぐに医療従事者に相談しましょう!

Amoena Worldwideより一部引用

この記事を書いた人
宮浦@ピンクリボンアドバイザー

2012年よりアモエナ製品担当。同年より日本乳癌学会学術総会を毎年聴講。また、ピンクリボンアドバイザー制度創設2013年から受験。同年初級、2014年中級、2016年上級を取得(すべて第一期)。

アピアランスケアって何?

2020.12.15アピアランスケアって何?

アピアランスケア(appearance care: appearance=外見 care=気にかける、手入れする)直訳すると「外見を気にかけ手入れする」という意味で、抗癌剤をはじめとする薬物療法の副作用による外見の変化(脱毛・爪・皮膚の変化など)、外科治療による体の変化などのストレスを軽減するためのケアのことを指します。
治療のため、外見の変化が起こり、「今までとは変わってしまった自分を見せたくない・・・」との思いから、社会とのつながりや人間関係を避けるようになってしまう方も少なくありません。現在、「アピアランスケア」に注目が集まり、「アピアランスケア」を専門に行うチームを立ち上げ、外見の変化に対してケアのフォローをする医療機関が増えています。

ここ数年で「がんの治療方法」は変化してきました。外科治療では患者さんに負担の少ない手術が多くなり、薬物治療では新しい薬が導入されるなど、長期間にわたる治療でも患者さんになるべく負担がかからないようになってきています。

例① がん治療が入院から外来治療併用へ

⇒仕事を継続しながら治療が可能に

例② 抗癌剤の副作用対策における薬剤の進歩

⇒吐き気、嘔吐、熱、しびれなど副作用対策が充実

但し、外見の変化で仕事での対人関係が難しくなったり、お子様の学校行事への参加や、コミュニティ参加など様々な社会生活が送りにくくなったりしてしまうこともあります。今までは我慢して見過ごされてきた外見の変化に、患者さん・医療者ともに注目するような時代となりました。その為、治療前と変わらない生活を維持できるよう「アピアランスケア」は「現代の癌治療には欠かせないもの」となりつつあります。
例えば乳がんの患者さんで外見の変化といいますと、抗癌剤の副作用による脱毛、爪、皮膚の変化、血管炎による皮膚変化、乳房切除後のためにできてしまった創(きず)、また乳房の喪失感、放射線治療後の皮膚の変化などではないかと思います。
「アピアランスケア」は単なる美容目的ということではなく、外見の変化のケアにより患者さんが前向きに治療に臨むことができたり、日常生活を送ることができるようお手伝いしたりする大事なケアとなります。
そのため、アピアランスケアチームは様々な職種(医師、看護師、薬剤師、美容師、事務、医療連携など)で構成され、複数の観点から患者さんの困られていることをサポートしています。
皆様の地域の医療機関でも増えてきていると思います。「アピアランス」「病院」と是非検索してみてください。

Amoena Worldwideより一部引用

この記事を書いた人
宮浦@ピンクリボンアドバイザー

2012年よりアモエナ製品担当。同年より日本乳癌学会学術総会を毎年聴講。また、ピンクリボンアドバイザー制度創設2013年から受験。同年初級、2014年中級、2016年上級を取得(すべて第一期)。

簡単なヨガのポーズ

2020.12.15簡単なヨガのポーズ

乳がん治療後にストレッチやヨガを始める方が増えています。
そこで、運動が苦手な私も簡単にできるポーズをご紹介します。

  • 1山のポーズ

    ポーズを始める前に、山のポーズ(タダサナ)をします。
    まっすぐ前を向き、足をまっすぐにして足を合わせ、両腕を揃え、肩をリラックスさせます。

  • 2両手を上に上げるポーズ

    顎を引いて肩の力を抜き、足の裏全体でバランスを取りながら、足を揃えて立ちます。(山のポーズ)
    息を吸いながらで両腕を外側から天井のほうへ引き上げ、頭上で手のひらを合わせます。
    肩が固い方は、手のひらを内側に向け、開いた状態でもOKです!
    呼吸をしながら上を向きます。
    30秒から1分間保持し、腕をゆっくりと下におろします。

  • 3戦士のポーズ

    山のポーズ(タダサナ)から息を吐き、両手を広げ、大きく両足を開き、左足は外側へ開きます。
    骨盤はまっすぐ正面を向いたまま、左ひざを少し曲げます。
    顔を左に向け、30秒から1分間姿勢をキープします。
    同じように今後は右足を外に向け、顔を右へ向け、30秒から1分間姿勢をキープします。
    首を左右に向けるのがしんどい方は、まっすぐ前を向きましょう!
    姿勢を保っている際に呼吸をすることを忘れがちです。
    しっかり意識してやることが不可欠です!
    椅子に座ってもできますので、是非チャレンジしてください。

Amoena Worldwideより一部引用

この記事を書いた人
宮浦@ピンクリボンアドバイザー

2012年よりアモエナ製品担当。同年より日本乳癌学会学術総会を毎年聴講。また、ピンクリボンアドバイザー制度創設2013年から受験。同年初級、2014年中級、2016年上級を取得(すべて第一期)。

アモエナブレストフォーム着用したまま飛行機に乗れるの?

2020.12.15アモエナブレストフォーム着用したまま飛行機に乗れるの?

時にはリフレッシュのために旅行を楽しみたいですし、仕事や用事で飛行機移動を余儀なくされることもあると思います。そんな時にふと頭をよぎる、保安検査でアラームが鳴ったらどうしよう・・・
実際に、「ブレストフォーム着用したまま飛行機に乗れるの?」と、ご愛用者様よりご質問を受けることがございます。
答えは、「YES」です。

日本国内では、シリコン着用してゲートを通過してもブレストフォームによってアラームが鳴ることはありません。

ただし、日本以外に旅行する場合は、旅行代理店に事前に尋ねるか、空港へ連絡されることをお勧めします。
必要に応じて、乳がん術後用シリコンパッドを着用している旨を伝えましょう。海外では医療通知カードやドクターからの手紙(シリコン製のブレストフォームを使用している旨を記載)など持参して旅行する方もいらっしゃるようです。米国交通安全局によると、ブレストフォーム着用を明らかにするために衣服を持ち上げたり取り外したりするよう求められることはなく、また、希望をすれば別エリアでのチェックを受けることもできるようです。その場合は事前に申し出る必要があります。

ちなみに、飛行機ご利用後がブレストフォームに影響するかどうかといいますと・・・・
実はアモエナ社のブレストフォームは気圧の変化に少し弱いところがあります。頻繁に飛行機をご利用されている場合は、シリコンに小さな黒い点があるように見えることがあります。これは欠陥ではなく、気泡でして、製品や人体に悪影響を与えるものではありません。通常約2週間以内で消えてしまいます。また消えなくても問題はございませんので安心して使用を続けてください。
もしも製品について不安を感じましたら、いつでもこちらにご連絡してくださいね。

Amoena Worldwideより一部引用

この記事を書いた人
宮浦@ピンクリボンアドバイザー

2012年よりアモエナ製品担当。同年より日本乳癌学会学術総会を毎年聴講。また、ピンクリボンアドバイザー制度創設2013年から受験。同年初級、2014年中級、2016年上級を取得(すべて第一期)。

ピンクリボンアドバイザーって?

2020.12.15ピンクリボンアドバイザーって?

ピンクリボンアドバイザー制度は、2013年にスタートしました。
自分自身の身体、大切な人の身体を守るために人材の育成が目的で作られた制度です。

・乳がんについての正しい知識を持っているきちんと知っている

・周りの人へも検診の重要性を伝えられる

乳がんの検診や治療についての正しい知識について、初級・中級・上級と勉強し、試験を受け、認定されます。国家資格ではありません。
上級になると「乳がん検診や乳がんを取巻く環境改善のために、教育、指導、社会活動を主導できる。」レベルと見做されます。

現在全国に延べ9768名(初級:7875名、中級:1811名、上級:82名)認定されており、年々増加している乳がん患者へのフォローと検診の促進の活動を強化しています。

私が上級を取得した2016年には、サバイバー(乳がん患者)だけでなく、議員・医師・看護師や私のような会社員もいました。
また、少ないですが、男性の方もおられ、関心の高さを感じました。

現在、私は目立った活動はしておりませんが、ピンクリボンアドバイザーとしての知識と、これまでのアモエナ販売の経験を活かして、このECサイトで少しでも皆様のお役に立つことができればと思います。
アモエナサイトでは製品についてのお問い合わせやご意見など、気軽にお問い合わせください。

※2018年7月時点

この記事を書いた人
宮浦@ピンクリボンアドバイザー

2012年よりアモエナ製品担当。同年より日本乳癌学会学術総会を毎年聴講。また、ピンクリボンアドバイザー制度創設2013年から受験。同年初級、2014年中級、2016年上級を取得(すべて第一期)。

乳がん術後ケアコラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日